torisan日記

toriobasan.exblog.jp

平戸城 (2)

天守閣を降りてさらに展示物見学、見奏櫓へ向かう。
b0305770_10050644.jpg

鉄砲用と思しき穴見っけ! トリミングアップ。
鉄砲狭間(てっぽうはさ)というらしい。手前の面積が広くなっていると息子が教えてくれました。なるほど~。

黒子島の弁財天のほこらと鳥居も見えます。

b0305770_10052798.jpg

櫓に入るとこちらには焼き物展示。秀吉の朝鮮征伐に水軍として参加し大変な活躍。家来も増えた。
その折に連れてきた陶工に窯を開かせそれが三河内焼きとなる。そういえば、唐子模様の図柄。伝統図柄なのね。

その下の懐柔櫓はこの日は見学不可。整備中らしかった。

天守閣にはとにかく展示物豊富。明治天皇の産着も展示されていました。
これは松浦家の姫、愛子様が大納言中川家に嫁ぎ・・で、そのまた姫慶子様が明治天皇のご生母となる。
天皇ご幼少期は中川家でご養育と。 亀岡神社はに外祖母中川愛子さま像が建っていました。

話は長くなりますがその像の横にあるのが平戸桜・二度咲き桜という。
小ぶりの樹でしたが開花した時の写真がありました。

花が開いてその中に緑の額付きのつぼみがこんにちは~。と、ひそんでる。だから二度咲き・二段咲き。開花期は四月中旬。

私の印象としてはおかあさんが赤ちゃんを抱っこしているイメージ・母子桜という感じですが、これも見てみたいな。又行きたいな~。

さて、先日、無才さまに教えて頂きました。司馬遼太郎の『韃靼疾風録』大長編。
これから楽しみに読ませていただきます。ご推奨、まことに有難うございました。


久しぶりに撮りましたとりさん映像
b0305770_16261892.jpg

写真を小さく載せるのはどうするのかわからず。これも宿題ですね。ゴメンナサイ。


[PR]
by tori-obasan | 2016-03-30 16:28 | 佐世保便り