torisan日記

toriobasan.exblog.jp

復習・あれこれ。(27日朝訂正追記成功!!)

とりあえずここで、原発と津波被害の町のお勉強を終えて、帰宅後の復習レポート。

読めますか?? これは4月7日の読売新聞、切抜きです。

なんとお優しいわんちゃまが私のために切り抜いてお勉強の一助にとて、 あ。これ・・かえってからゆっくりね。と渡されました。
その中には先日話題にしておりました平戸や生月島のものも!涙うるる。本当に有難うございました。皆様も見てね。


b0305770_11044955.jpg

追記
27日朝。写真をトリミングし。データを変更。
やりました!!!!訂正に成功いたしました。ご迷惑おかけしたことをあらためてお詫び申し上げます。



ががが===========ん!さかさま。

意地悪じゃないの。何度やってもこれしかできない。パソコンの中で普通に見るとちゃんと上下がうまくいくのに
ここではこうなる。たすけてくれ===!




b0305770_11075119.jpg


とにかく愛のお福わけ。写真は女川駅の商店街だそうです。

まだまだ対策はこれからですね===。ってことらしいが。未完成の町、ハザードマップは未だ作れませんっていう町の声も。

今回、駅周辺は見ませんでしたが、去年の三月に駅も移転開通、商店街も昨年暮れにめでたくオープン。
今年の三月盛大に『復幸祭り』 をなさったようでした。 あ。よかったよかった。写真もいっぱいありました。

タイトルもいいですね。『千年に一度のまちびらき。』拍手!

http://onagawa-town.com/fes/



[PR]
Commented by one0522 at 2016-04-26 19:17 x
こんばんは。

さかさまに字を読むのも、ボケ防止になりますからね。

写真、カメラがさかさまだとダメなのかな?
とろさんも、縦横が上手くいかないとか書いてます。

紹介ありがっとさん!

Commented by 無才 at 2016-04-26 19:35 x
むかしむかし、意地悪ばあさんが居ました。ドラマの中だけでは
足らない様で、都庁でも意地悪を繰り返していました。

ああ嫌だ。そういう人にはなりたくないものです。チャンチャン!

はて、どこで間違えたのでしょうか。逆さまになって、血が頭に
上ったせいかな。まともな米も書けやしません。((+_+))面目ねー!
Commented by ToroTamaMaguro at 2016-04-26 22:01
こんばんわ

4月7日といえば2011年
女川原発は震度6強の地震に見舞われました

こちらの揺れも一度や二度ではなかったのであります
Commented by inkyo at 2016-04-27 08:43 x
おはようございます。

 完成率25.2%とありましたが、まだまだ復興にほど遠い数字まだまだ時間がかかりそうです。
 逆さまの画、こちらも時間がかかりそう?解決方法は、ないのでしょうか。
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 11:11
おはよう~。わんちゃま。
ただいままともなしゃしんになりました!

嬉しい愛の玉手箱。多摩手箱?あは。
帰宅してからの感動を思い出しておりまする。
有難うございました。

Commented by tori-obasan at 2016-04-27 11:15
無才さま。めんぼくない。
いじわるばあさん。。。そ・そんなつもりはこれっぽっちも。
おっちょこちょいであほなだけ。
さかさまになるならと元データーをわざとさかさまにしたりして悪戦苦闘一時間。
おでかけ、じかんぎれとなり・・ごめんなさ~い!。((+_+))面目ねー!

現都知事・・無駄遣いして開き直って。なんじゃあれは。むかつきますね。
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 11:17
とろちゃん。
大きなゆれの中、女川原発で肩寄せあってくらしておられたんですねぇ。
あらためて地震の大きさしみじみかんじます。
大変だった・・・。
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 11:21
ごいんきょさん
というわけで。たいそう時間を経過いたしましたがなんとか。やれやれ・ほっと!

女川の駅のほうは行かなかったし・・とおもい昨日あらためて検索したら復幸祭がヒットして。嬉しくなっていそいそと書き始めたまではよかったのですが
お騒がせ致しました

一歩一歩丁寧に・・本当に長い道のりでしょうが何とか乗り越えていただきたいとあらためて思いました
祭りの笑顔が輝いているのを拝見し嬉しかった!
Commented by honmakaina360 at 2016-04-27 17:34
こんにちわ。
祭りが再開できるというのはほんまに大きな意義がありますわ。
二度目の東北行きで宮古田老で饅頭屋さんがちょうどオープンされた折、今日は20人もお客さんが来てくれた。この「20」と言う数字多いか少ないかそれはその当事者の方でしかはかりしれませんわ
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 20:50
うたさん。津波にあって家族をなくした人家を流された人
仕事を失った人。
マイナスからのスタート。並じゃありません。
駅もできた、店も再開。日常の暮らしを少しずつ築いていく。
大変な道のりにひとくぎり、祭りでさらに!力強く前進!
嬉しい笑顔にほっとします。
二十人も!来てくれた。そうですね。はかりしれません。

そういえば、福島の宴、二次会への道すがら、写真で拝見しておりましたかのお饅頭やサンによりました。
なぜかお酒のおつまみに甘いもの?不思議な定番?わはは!

高齢の上品なおばあちゃま。をぢさんのご紹介に、そうでしたか・・九州から・・ようこそ。と、丁寧にお渡しいただきましたのよ。
私は深夜ホテルのお部屋でいただきまーすとバッグに忍ばせ。
お茶をいれゆっくりと二つも頂きました。おいしかった。 ^^




by tori-obasan | 2016-04-26 14:53 | 福島への旅 | Comments(10)