torisan日記

toriobasan.exblog.jp

石ノ森萬画館へ

この日午前中に見学した石巻市に戻って参りました。
山肌は美しい桜色で彩られています。

b0305770_15190393.jpg


旧北上川河口に近い中州に建つ不思議な形の建物。
6メートルの津波に襲われ館内もぐちゃぐちゃ。館内にはそんな写真も展示してありました。

をぢさんはトキワ荘の模型からなかなか動かず。おばばもしってる、さるまたけ。あは。
http://yusa007.exblog.jp/25680537/

ぱぱさんはライダーと並んで座り、一人思いにふける。。。
http://woyow.exblog.jp/25655730/

私は楽しいコーナーを一通り拝見したあと、
あのぱぱさん写真の外のウッドデッキから、日和山を見上げたりもしておりました。

漫画文化ってすごいですね~。少女時代、私も手塚治虫などずいぶん読みました。
昨年春には川崎の藤子・F・不二夫ミュージアムへ。これも実に楽しかった。

私は、石森章太郎かと。いつのまにか石ノ森・いしのもり。 氏の出身地がぺんねーむだったんですね~。

るるる~ん少年二人は相変わらず遊びながら歩きます。


b0305770_15191483.jpg

b0305770_15192745.jpg


五月四日 とろちゃんレポート追記
http://torotamama.exblog.jp/25737960/

5月7日 さらにとろちゃんれぽーと追記
http://torotamama.exblog.jp/25753653/



[PR]
Commented by ToroTamaMaguro at 2016-04-27 17:41
こんばんわ

この場所を勉強会に組み入れた理由は小生の思い入れであります
石森章太郎さんの漫画の素晴らしさは言うまでもありませんが
小生が大好きだった赤塚不二夫さんの親友だったからです

石森なくして赤塚は存在しなかったからです・・・
Commented by inkyo at 2016-04-27 17:55 x
こんばんは。

 皆さんすっかり少年時代に戻ったような表情がいいですね。
Commented by one0522 at 2016-04-27 19:33 x
こんばんは。

石森さんと赤塚さんの、ときわ荘時代は、
赤塚さんが石森さんのヘビースモーカーで、
灰皿が一杯なのを片付けていたとか。

このころ、売れないので「少女マンガ」で、
凌いでいたのかも知れません。

あの二人、カメラが珍しいので、嬉しくなってます(^^
二人だけ写しているものとばかり、思ってたのだ!


Commented by tori-obasan at 2016-04-27 20:54
とろちゃん
みやぎのひととはしらなかったけど。あの時代いろんな人が目白押し
赤塚不二夫。しってまっせ~。おそま松くん。しぇ==のいやみ。バカボン・・
テレビで再現ドラマも見ました。二人の妻がなかよしさんって。
みなそれぞれに友を支え後進を育てて。いろんな人の縁でそれぞれが開花。すごいことでしたね~。
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 20:55
ごいんきょさん
しょうねんです。カメラを向けると条件反射
すばやくポーズ。感心しました。
Commented by tori-obasan at 2016-04-27 20:59
わんちゃま。
少年を引率する紳士。この対比が又いいでしょう??

みんな苦難の時代があるのでしょうね~。アシスタントになったりとか。お友達ってすごーい!
それぞれの才能。それぞれの味わい。
Commented by 無才 at 2016-04-28 20:35 x
山の美しい桜色からして、漫画チックなエントリでありますな。
石ノ森の漫画の世界に、みんなして引き込まれたようですね。

石ノ森の親友の赤塚不二夫は、確か新潟生まれだったような気が。
新潟県人の私にも、ユーモアのセンスを分けて下されませ~。(≧▽≦)ノ
Commented by tori-obasan at 2016-04-29 11:49
こんにちは~。無才さま

ん・??漫画チックえんとり?
うちはすべからくみーんな漫画チックでーっす!

あら、赤塚氏は新潟でしたか。
お宅はユーモアたっぷり歴史文化博識てんこもり。
ばばにもわけておくんなせえ!。(≧▽≦)ノ
by tori-obasan | 2016-04-27 15:25 | 福島への旅 | Comments(8)