torisan日記

toriobasan.exblog.jp

夏はきぬ。卯の花と楝(あふち)


卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ


さみだれの そそぐ山田に
早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ

橘の 薫るのきばの
窓近く 蛍飛びかい
おこたり諌むる 夏は来ぬ

楝(おうち)ちる 川べの宿の
門(かど)遠く 水鶏(くいな)声して
夕月すずしき 夏は来ぬ

五月(さつき)やみ 蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き 卯の花咲きて
早苗植えわたす 夏は来ぬ



b0305770_14535956.jpg


まずは卯の花。

昨日大村湾沿いに車を走らせました。 おぉ~『あふち』のはなが・・・何本も何本も・・わーいわーい ♪p
小雨でしたがしっかりくっきり薄紫のはなむら、充分にたっぷりと眺めてまいりました。


そして、楝(おうち・あふち)栴檀(せんだん)双葉より芳しは白檀。やはり古名の『あふち』がいいみたいですが。

4月下旬・・つぼみが出てくる
b0305770_14532884.jpg

5月になると花が開いてくる。ひょっとこみたいな筒状のところの紫が色濃い。

b0305770_14533494.jpg

b0305770_14535179.jpg
画像はすべて2008年撮影のもの。

田には田植えがされており・・・この歌の気分を味わってまいりました。♪

だがしかーーーし・・・熊本の農家は田植えもできず・・・。と。酪農も牛を飼えずに牛を手放す・・本当に悲惨な現状
ゆれは相変わらず続いており、なんとも胸が詰まります。



[PR]
by tori-obasan | 2016-05-07 20:27 | 季節の便り