torisan日記

toriobasan.exblog.jp

カテゴリ:福島への旅( 30 )

ガス危険区域もあるよーー。

山肌が迫る。雪が残っているところと黒々とした地肌が見えるところが絵を描く。実に面白い。

b0305770_18464848.jpg
b0305770_18470155.jpg


雪の厚みもさまざまである。

b0305770_18471286.jpg

b0305770_18472597.jpg


シマウマみたいなのもあるよ。



b0305770_19043222.jpg



はい。窓開けないでね。のご注意。 はあーーーい!



b0305770_18525386.jpg

昔祖母は土手の雪がところどころ溶けて黒い土が見えてくると、やっと破れ饅頭状態になってきた・・・とか言ってたっけ。
ご存知ですか? 田舎饅頭、皮の白いところとあんこの黒いところがまだらになるお饅頭・・破れ饅頭。

そんなことを思い出しながら、雪が書いた絵を眺めつつぐんぐん上る。

b0305770_18531592.jpg
べったり雪。。。稜線はシャープ

b0305770_18543635.jpg


あら。ここはな~んも雪がない山肌だね。こふじのお肌かな?
カーブ回るたびに景色が変わるから楽しい。 




b0305770_18562290.jpg


時々振り向いて・・ほうほう・・なるほど。と。
b0305770_18564903.jpg

又潅木と雪の壁が出てきたな・・・。あは。

b0305770_18574764.jpg


b0305770_18573032.jpg

こんな写真をのせてるときりがないっす! ^^

ではこの後は浄土平ね。又明日~~!




[PR]
by tori-obasan | 2016-05-08 21:40 | 福島への旅 | Comments(8)

福島盆地遠望しさらにのぼーる!

写真撮影タイム。

b0305770_13064034.jpg
b0305770_13062774.jpg



先程のとろちゃんの話によれば福島の夜景ビュー・スポットらしい。1200メートル。

b0305770_13065472.jpg

霊山むり。信夫山、辛うじて。夜景は想像してね~。

白樺の向こうに山が。わわ~。

b0305770_13071084.jpg


一方通行ですからもうすぐ止めますよ。至れり尽くせり、ありがとね~。^^

b0305770_13074024.jpg


安達太良山、だったはず・・いかん記憶があいまいになってきてる。

b0305770_13190844.jpg

右にふると

b0305770_13072762.jpg


うざぎちゃん、上のはんぶんだけ。これだけお山に迫ってきた。
ところでとろちゃん・・。あの左手後ろのお山はどなたさん???


5月18日 追記 とろちゃんれぽーと。
http://torotamama.exblog.jp/25804324/





[PR]
by tori-obasan | 2016-05-07 14:03 | 福島への旅 | Comments(9)

つばくろ谷

まずはご参照。わんちゃま先輩の昨年のれぽーと。
http://one20120522.blog.fc2.com/blog-entry-8210.html


青空なの。いいないいな~。


b0305770_17135030.jpg
b0305770_17141708.jpg



遠く霊山は・・。。。 春霞で無念でしたが。

b0305770_17152577.jpg

b0305770_17140435.jpg


これは雪ではない。火山の山肌

b0305770_17142963.jpg
これは雪。手前が旧不動沢橋の跡

b0305770_17150329.jpg
つり橋・・ロープの跡
b0305770_17154133.jpg

b0305770_17155785.jpg


つばめちゃん(イワツバメらしい)は飛んでなかった。標高1200メートル。まだ寒くはなかったよ。
だがしかし。1959年。昔々こんな高い山の中にもにしっかり吊り橋架橋。

♪ や~まのつーりはぁ~しゃ~~。。。(春日八郎) ・・・シツレイ。
日本の橋梁土木技術はやはりすごいですね。

以前関門橋の鋼鉄ロープを束ねたのを見たことがありますが、ほーんとに ど・でかかった===!

5月16日とろちゃんレポート追記
http://torotamama.exblog.jp/25796553/


[PR]
by tori-obasan | 2016-05-05 17:42 | 福島への旅 | Comments(11)

磐梯吾妻スカイラインへ。

10日、とろちゃんにおねだりしてスカイラインドライブ。ありがとね。でっぱーーーーっつ!
雪ウサギがどんどん迫ってくる。

b0305770_15132567.jpg

b0305770_15134023.jpg



山道をぐんぐん登る・・・景色がどんどん変わる・・・わ~いわ~~い!と忙しい。

b0305770_15135550.jpg



止まれ!片道ですよ。Uたーんできませんよ、火山ガスにご注意ですよ! はい、りょうかいでっす! ドライバーはベテランやけんね。

もたついて走る車が多いのね。おさきにどうぞ~!しないのね・・うひひ。でもゆっくり見られるからそれもまたよし。

わんちゃまが去年いらしたときは4月の下旬。景色もかなり違ってたみたいです。
眺望は去年のほうがすっきり・・う・無念。 わ・・・雪が・・ひょえ~!

b0305770_15142596.jpg



b0305770_15154408.jpg

つばくろ谷到着。 残雪とふきのとう。

b0305770_15145221.jpg



[PR]
by tori-obasan | 2016-05-03 15:25 | 福島への旅 | Comments(11)

をぢさんのハードロック♪

今、見に行ったらライブの様子が載っていた。なんと動画もばっちり!
http://yusa007.exblog.jp/25734455/

で。かのライブの音楽聴きながらこれかいてます。

ここで旅の映像、ちと順番が変わりまするが。30日の夕方をぢさんのバンドのお稽古風景を。

事務所を借りて毎週お稽古してると宴のときに聞いたので、あ。見たい!聞きた~い!!!
もろもろ、御礼のご挨拶もしたいから・・っと連れて行ってもらいましたの。

ところで、今年のライブは? いえ・・・まだです。。。。おや・・?・・・?
とろちゃんいわく、下品なことして出入り禁止のライブハウスが多いんだとか。ぎゃはははは!


入りました。エレベーターを降りた途端に耳をつんざく物凄======い音が!!!!!!!!
ばばはおつむもおめめも悪いけど、ま。鼻と耳はそれなりなのでご無礼ながらおみみちゃん押さえちゃいました。

あら。・・・とあわてて撮影。ごめーーん。ドラムの人が重なっちゃいました。

b0305770_15180365.jpg
b0305770_15181837.jpg


で、一曲だけで、しつれいしまーーーっす!っと記念撮影。わたしは雪山ドライブ、やませ吹く桃の里の後で
寒さ対策の真知子巻きのまま・・・でも子供は、・・・ん? ドバイの女? ・・・・・・。

b0305770_15183490.jpg

29日はごうしてばっちりらーーーいぶ!! めでたしめでたし。おめでと====!

写真は9日勉強会の帰路、車内にて。車内は狭いからおどけポーズもできなかったのね。うふ。^^

b0305770_15173486.jpg

b0305770_15174756.jpg






[PR]
by tori-obasan | 2016-05-01 15:22 | 福島への旅 | Comments(10)

♪福島の夜はふーけーゆくぅ~~。♪

おこんばんは、でございまぁ~~っす!

さて、盛りだくさんな一日、福島へ帰ってまいりました9日夕方。

b0305770_21513992.jpg



まずはホテルへ、そしてをぢさん設営のお店へ向かう。ちょうどその日は福島競馬。
こみこみの道ををぢさんとぱぱさんのナビで無事駐車場へ~。
代行さん頼んだから伊達チームもしんぺーねえ!さ。飲も!
至れり尽くせり。福島の帝王、をぢさん30年の付き合いのお店でおいしい会席料理を頂く。
写真NGね。。。はぁ~~~い! いいお料理、ちと残念でしたが。

その後、なぜか福島の宴の写真でよく出てくる和菓子屋さんへ。
上品なおばぁちゃま、と息子さんか?いらっしゃいませ~。
そうでしたか。九州から、ようこそようこそ、とご丁寧なご挨拶いただく。

私は甘いものはお酒のつまみにはしないから・・・あは。二つ確保、バッグにしまって。
深夜ホテルでしっかり味わいました。これまた美味~~!写真なし無念。

パパさんは一次会でごめん、とお別れ。二日連続早朝からごくろさま。ありがとさ~~ん!またね~。

入りました。をぢさん専用のどでかいグラス。飲むぞ~!とか何とかかいてある。




b0305770_21515149.jpg

とろちゃん。店手製のおつまみ、すぱげっち揚げたのをくわえて、木枯らし紋次郎?
女川出身の中村雅俊のお歌も熱唱してくれた。ありがとね!

b0305770_21520460.jpg

をぢさんは何曲も。うまいんだこれがまた!そう。いろいろたくさん。。。。あ。ハードロックではなかった。
ころちゃんが送ってくれたの。デュエットの写真。ぎゃはは=====!


b0305770_21530908.jpg

ま。うちはおっともだちしか見にこないからね。載せちゃえ=======!

宴は進む・・・・かぶりもの登場。 あら、いつのまにレディが???

b0305770_21521638.jpg

盛り上がってるもんだから知らない人も乱入してきた。いえぇ~~い!とか言っちゃって。

b0305770_21523167.jpg

b0305770_21524644.jpg


お開きは12時近く・・・その後、をぢさんがさらに三次会まで行ったのかどうかは知らない。 
お勉強会、アンド宴。たのしかったねぇ~。本当にありがとう~~~。053.gif053.gif053.gif ^^


5月14日 とろちゃんレポート追記。
http://torotamama.exblog.jp/25788771/




[PR]
by tori-obasan | 2016-04-30 22:04 | 福島への旅 | Comments(8)

日本三景のひとつ、松島へ

いささか日も落ちかけてきた。

雄島に渡る透かし橋。。かなりすりへって・・・立て板渡してあったが水見える。足がなんとなくすくむ。お年ですな。^^

b0305770_13511577.jpg



お約束の少年と紳士で記念撮影。

b0305770_13514062.jpg

b0305770_13515384.jpg



ちょうど大きな観光船が船着場についてぞろぞろ・・・・あら。今はお船も大きいのね~。
むかしむか~~し、そう、半世紀近く前。わたしも松島湾めぐりの船に乗ったの~っ、と話をしていたら
僕も若いころ来たよっと、わんちゃま。 お船に乗ったって。。ん??会ってたかも?

すかざすパパさんから声が飛ぶ、あ。とりさん、木の舟だった?? まさか!
でも小さい利点もあったかも?? 島にぐぐーっと接近できた。すごーーい岩肌・奇岩、わ、トンネルだ。そんな印象残ってます。

b0305770_13523815.jpg


電池切れあやうしで、写真少な目。

ご参照
わんちゃまのれぽーと。ひゃ!二週間も遅れてるわ・た・し!
http://one20120522.blog.fc2.com/blog-entry-8626.html

名物ささかまぼこのしゃしんはをぢさんちへね。おいしかった。
http://yusa007.exblog.jp/25690735/

鯛の骨の写真 鯛のタイは夜のお食事でぱぱさんがゲットしたもの。お====。完璧、めでたし。グッド!


5月8日 とろちゃんれぽーと追記
http://torotamama.exblog.jp/25761762/

もうひとつ。5月10日追記
http://torotamama.exblog.jp/25767114/



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-29 13:58 | 福島への旅 | Comments(7)

石ノ森萬画館へ

この日午前中に見学した石巻市に戻って参りました。
山肌は美しい桜色で彩られています。

b0305770_15190393.jpg


旧北上川河口に近い中州に建つ不思議な形の建物。
6メートルの津波に襲われ館内もぐちゃぐちゃ。館内にはそんな写真も展示してありました。

をぢさんはトキワ荘の模型からなかなか動かず。おばばもしってる、さるまたけ。あは。
http://yusa007.exblog.jp/25680537/

ぱぱさんはライダーと並んで座り、一人思いにふける。。。
http://woyow.exblog.jp/25655730/

私は楽しいコーナーを一通り拝見したあと、
あのぱぱさん写真の外のウッドデッキから、日和山を見上げたりもしておりました。

漫画文化ってすごいですね~。少女時代、私も手塚治虫などずいぶん読みました。
昨年春には川崎の藤子・F・不二夫ミュージアムへ。これも実に楽しかった。

私は、石森章太郎かと。いつのまにか石ノ森・いしのもり。 氏の出身地がぺんねーむだったんですね~。

るるる~ん少年二人は相変わらず遊びながら歩きます。


b0305770_15191483.jpg

b0305770_15192745.jpg


五月四日 とろちゃんレポート追記
http://torotamama.exblog.jp/25737960/

5月7日 さらにとろちゃんれぽーと追記
http://torotamama.exblog.jp/25753653/



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-27 15:25 | 福島への旅 | Comments(8)

復習・あれこれ。(27日朝訂正追記成功!!)

とりあえずここで、原発と津波被害の町のお勉強を終えて、帰宅後の復習レポート。

読めますか?? これは4月7日の読売新聞、切抜きです。

なんとお優しいわんちゃまが私のために切り抜いてお勉強の一助にとて、 あ。これ・・かえってからゆっくりね。と渡されました。
その中には先日話題にしておりました平戸や生月島のものも!涙うるる。本当に有難うございました。皆様も見てね。


b0305770_11044955.jpg

追記
27日朝。写真をトリミングし。データを変更。
やりました!!!!訂正に成功いたしました。ご迷惑おかけしたことをあらためてお詫び申し上げます。



ががが===========ん!さかさま。

意地悪じゃないの。何度やってもこれしかできない。パソコンの中で普通に見るとちゃんと上下がうまくいくのに
ここではこうなる。たすけてくれ===!




b0305770_11075119.jpg


とにかく愛のお福わけ。写真は女川駅の商店街だそうです。

まだまだ対策はこれからですね===。ってことらしいが。未完成の町、ハザードマップは未だ作れませんっていう町の声も。

今回、駅周辺は見ませんでしたが、去年の三月に駅も移転開通、商店街も昨年暮れにめでたくオープン。
今年の三月盛大に『復幸祭り』 をなさったようでした。 あ。よかったよかった。写真もいっぱいありました。

タイトルもいいですね。『千年に一度のまちびらき。』拍手!

http://onagawa-town.com/fes/



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-26 14:53 | 福島への旅 | Comments(10)

女川港へ戻る

発電所の工事用の車両もあるんでしょうね。風光明媚なこの道もかなりのダンプやらが走っていました。

b0305770_16282853.jpg



往路はトンネル一つ真新しいのが。あ!!!とんねるいやーー! 普通の道を走ろうよ!とリクエスト。
ま、木立が多くて写真は撮れませんでしたが。(涙)それはそれは美しい海が・・・。

ぱぱさんがいってました。いい道だなあ、今度ツーリングに来たいなあ。
そうですとも。バイクならどこでもとめてゆっくり眺められますよね、あの美しい海を。まああわてるこたないでしょ!

torisan やだなあ。。。普通の道、すぐなくなっちゃいますよ。トンネルできれば。。。
え”~~~~~~? わたしあほまるだし。そうっかあ。道路保全が大変なのか。
じゃ。早めのツーリングで、しゃしんぱしゃっと! お願いしますね!

これは二つ目のトンネル工事中。ちゃんと注連縄はってありました。

b0305770_16284007.jpg

港に着きました。

b0305770_16285153.jpg


ころちゃん設営のランチタイム。
注文して、お席があくまで、たまたまお手すきになった岡清のご主人(帽子の方)に伺ったお話が生々しかった。

加工工場とこのお店。地震来た===! 即、山に駆け上る!あの電線より高い津波が、がば====!っと。
・・・電柱はすべてなぎ倒され、これは新しいもの。

b0305770_16290763.jpg



幸い工場は残った。が、7月に再開、すばやい! お店は9月か・・10月だったかなあ。。。再開しました・・と。
このへんはみ~んな壊れました、残った建物はうちをいれて三つだけ。 山肌の爪あともなまなましい。

後ろに迫った山。高い津波。二十メートル!? 引き波、寄せる波。暴れ水が町を壊した。そんな感じがよくわかる地形。
暴れ水の到達高さ38メートルとかの記録もあるとか。桁違いですね!

あれはなあに?送油管・・って? あ。船に入れるんですよ。あ。そうっか・・・あは(無知)
タンクが一つあった。写真なし。。後二つ作るんです。なにもかもまだまだこれから。

b0305770_16294078.jpg


店内にいにしえの写真。お祭りかな? どうぞこんな日が早く来ますように。

b0305770_16292096.jpg



さてランチタイム。物凄い繁盛店。だって安くっておいしくってボリュームたっぷり!女川丼1300円味噌汁付き。

b0305770_16300519.jpg



をぢさんちに、ほやとしらすものってます。見てね。
http://yusa007.exblog.jp/25648658/

何十年ぶりに食べたほやも、びあ~ん!うっとり。

試食したあわびつぶがいもトレビアン!お土産にはできず無念でしたが。

おなかいーーーっぱい! で、石巻に戻ります。お次は石ノ森萬画館。漫画じゃないのね~。萬。

とろちゃんれぽーと。30日追記
http://torotamama.exblog.jp/25726586/

5月3日 さらに追記
http://torotamama.exblog.jp/25731249



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-25 16:47 | 福島への旅 | Comments(8)