torisan日記

toriobasan.exblog.jp

カテゴリ:福島への旅( 30 )

女川原子力PRセンター その2

お部屋をかえて見学進みます。模型を見ながら学習続けます。
ガイドのお姉さん。説明丁寧、にこやかに。^^


b0305770_21165683.jpg
原発スイッチオン! 動き出しました。発電の仕組みが・・赤と緑の電気がピカピカと。。。。

みんなは周知の事実でしょうがこのワタシ・・・は? ん~~?
熱が・・蒸気が・・で、その蒸気はタービンを回します・・発電機を回します・・発電です
はい。ふむふむ。

へえぇ・・。で、またその蒸気を冷やすとお水になりますよね・・はい。
これをまた原子炉に戻して使います。。。なるほど・・・循環・再利用ですか!

こんな説明聞いているうちに、口をあんぐりあけたままのワタシ・・。ぼーーーっ。。。

仕組み、説明書の写真。載せますから見てね。
b0305770_21321752.jpg
読めますか??  パンフレットで後老い学習したんですが・・。きゃは!

まあ、やっぱり先輩のレポートをもご参照頂く事にして。^^

b0305770_21170973.jpg

大きな模型が、どどどーーーん! これ二分の一サイズ!


b0305770_21172278.jpg
をぢさんはねっころがってますが、決してガイドさんのスカートを覗いたわけではありません。念のため。まじめにおべんきょ!

小さな根付みたいのを見せていただき回覧された。
ほお・・これがウラン燃料・・円筒形の磁石みたいな数ミリのものが三つぺちょんとくっついてる感じ。
撮影しそびれましたがほんとにちびっこ根付けサイズ。私の小指一節あまり。

はい。これで普通のご家庭の8ヶ月の電力が作れますのよ~って!! ほえ~~!
( あ。数字の記憶違いだったらいけないから先輩諸氏、訂正してね! )

3階フロアは撮影禁止でした。そこでも歴史やら説明あれこれメモなし記憶なし 涙。


で、下ってきて中二階の階段の窓からぱしゃっと! ・・・海がほ~~~んとに美しい!
b0305770_21173833.jpg
パンフレットやらカレンダーたっぷり頂いてきました。 日々の干潮満潮の時刻毎日、書いてありました。

さて、記念撮影。こら===! たまにはふつ====に、ぽーずしなちゃい!
おばばのげんこつむなしく、空振りに終わる。
b0305770_21175160.jpg
27日追記 とろちゃんれぽーと。

http://torotamama.exblog.jp/25702431/





[PR]
by tori-obasan | 2016-04-24 21:59 | 福島への旅

女川原子力PRセンターにて。



よぼよぼみちのくのレポート続けます。イザ行か===ん。

あ。まずは。先輩のレポートご参照かな??
をぢさんち。http://yusa007.exblog.jp/25644963/ その2へ続く
ぱぱさんち。http://woyow.exblog.jp/25655730/
わんちゃまんち。http://one20120522.blog.fc2.com/blog-entry-8621.html  その3へ続く。
b0305770_21014212.jpg


ころちゃんがちゃんと見学予約していてくださったの。びゅーーっと早めについたらしい。ガイド付き。すごーい!
映像見ながらご説明の部屋に入る。
手を上げてしつもーん。あのぅ・・この映像は写真にとってもいいんでしょうか?どうぞどうぞ。ほっ!
だって。。メモなしでは見たはじからわすれちゃうワタシですもの・・。^^  以下写真じゃらじゃら・・見て読んでね。



b0305770_21121483.jpg
b0305770_21123074.jpg
b0305770_21131656.jpg

b0305770_21133908.jpg
b0305770_21141472.jpg


1000年に一度の貞観津波もあるから襲ってくるかもしれない津波の想定を見直します・

b0305770_21164314.jpg

それでも地盤は一メートル下がっちゃったって。ここらあたりで福島三人衆はぼっこれ福島・・
ひさんでとうぜーーーん・・嫌味か?とかつぶやいて、さけんで?ましたよ。

だって敷地を下げちゃったんでしょうあの原発は。発電機は水につかり、外部電力もなく、停電であうと!??・・・ありえなーい!無残。

b0305770_21180609.jpg


ん?? ぴっと?なんだろう???

b0305770_21192763.jpg


ふむふむ・・なるほどそういうことか・・・すごいね~・・・でも。とろちゃんからその後聞いた。
引き波がすごくって・・一時は女川も危うし???・まっさお!になったらしい。

はい。PRです。地震の後もちゃんとお手当てしてますよ~~~!

b0305770_21242138.jpg
b0305770_21252450.jpg


ほめられましたよ。って。 ^^

地域住民の避難所として貢献したことも書いてありました。暮らしの場を提供したんですからほんとにすごい。

b0305770_21262180.jpg


電源

b0305770_21264331.jpg


冷却

b0305770_21265814.jpg


あるかもしれない津波に備えて防潮堤もこんなにたかーーーく!

b0305770_21272153.jpg


b0305770_21275528.jpg


安全対策怠りなく!!  ということでした。

福島第一はなにもかも不十分。おじいさんすぎてもう引退してもらうはずだったのに??間に合わなかった?わかっていたのに?
あまりにも悲惨・・・後の祭り・・・悲しい、ではすみませんね。
廃炉までの道のりの長さ。あぁ・・・。三人衆、又レポートしてね。やっと終わった!って。わたしはお空から見ていますからね。




[PR]
by tori-obasan | 2016-04-23 21:52 | 福島への旅

女川町へ

いよいよ女川町。10時、海が見えてきた。
山を切り開いて新興住宅を作っているわけではない。ここにあったたくさんの家や建物が流された。

b0305770_15201523.jpg


高台に建つ町立病院・右手かな? 駆け上った車やたくさんの人も間に合わず犠牲になった。
一階まで水につかり・・じわじわ増水。 一時は屋上すらも足元まで水が来たとか。

b0305770_15205799.jpg



おいしいランチは原発のお勉強の後でね。あちこち造成中。

b0305770_15210979.jpg


びゅ=====。女川湾の一部・五部浦湾をのぞむ。(帰宅後地図で学習)
小休止。浜辺へ降りるをぢさんとぱぱさん。右手の岬送電線の先が原発のある場所。

b0305770_15212024.jpg


やだなあ、をぢさん。なにしてるの~???

b0305770_15225705.jpg



なぜだろう。三人衆は必ずお約束のハイポーズ!

b0305770_15222193.jpg


走る車から撮る写真も、学習して少しはましになった。ほら、看板避けたよ。^^  びゅ===。

b0305770_15233480.jpg


なんと美しい海の色。

b0305770_15231318.jpg


海岸線をくねくねと走り、いよいよ、女川PRセンターへ右に曲がる。

b0305770_15583316.jpg


くるまはびゅーーー。しかし当日、避難に駆け上ってきた周辺住民にはかなりの距離ではなかろうか?


b0305770_15585790.jpg




原発の三本の排気塔が見えます。 さ。これからまじめにお勉強です。

4・23日 追記 とろちゃんれぽーと。
http://torotamama.exblog.jp/25682386/

4.24日 さらに追記 とろちゃんれぽーと、『りる』瑠璃かとおもいきやひとひねり。リルだって! ♪
http://torotamama.exblog.jp/25698110/ 
をぢさんれぽーと。『マリン・ブルー』
http://yusa007.exblog.jp/25667456/

海が本当にきれいでした。お二人とも、しゃれた表現、楽しいですね。 ^^


[PR]
by tori-obasan | 2016-04-17 16:08 | 福島への旅

日和山にてその2

昨夜は熊本地震、震度7!九州7は発上陸!ん?下から突き上げたのか。
被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。
刻々と明らかになる被害状況・・速やかな救助・支援活動も開始され心強い・・。でもつらいですね。

あの大災害の現地での勉強会の後だけに・・地震・津波・さらには原発とトリプルパンチ!
あらためて現地の皆様のお大変さが胸に迫ってまいります。

テレビでおなじみの場所・・・と説明されてもぴんと来なかった私です。

五年前当時、私は入院中の母を家で過ごさせるために自宅へ連れ帰ってこようとしておりました日々。
あの発生時の津波の生々しさ。忘れられません。

その夜も無情の雪が降る。明かりもなく家族の安否を気遣いながら肩寄せ合って焚き火で暖を取る人々・・。
おとしより・病人の悲しい映像。刻々と映し出される被災地の驚愕衝撃の映像。
のんきにこんなことしていていいのかしら、と胸がつまりあまり見られませんでした。

この日和山に続々と逃げ上ってくる映像は帰宅後ようやく復習で拝見しました。
山で叫ぶ声も生々しく・・。家が流されてくる・・そして火災・・。

川に設置された観測カメラの映像もありました。水位が上がる・・じわ~っと津波が来る・・
ついに橋が見えなくなる・・・やがてカメラは壊れて・・そこでおしまい・

なんと多くの映像が残されていることか。あらためてそう思いました。

  追記  とろちゃんレポートご参照 石巻市死者行方不明者 およそ4000人! だって・・・。
http://torotamama.exblog.jp/25669164/

その日和山の過去と現在。

b0305770_11085409.jpg

まずはもうひとふんばり、階段上ります。上には神社が。

b0305770_11090725.jpg

下を見下ろす、カメラを構える。必ず反応してポーズするぱぱさん。  ↑花粉症です。カラス天狗ちゃん。

b0305770_11091955.jpg

看板の解説読んでお勉強。(とりみんぐしました)

b0305770_11093534.jpg

たくさんの建物、家や工場、人々の暮らしがあったのに・・。

b0305770_11094963.jpg
同じ木ですかね、右は。 今はもう住めない住んではいけない地域に・・・。
b0305770_11100701.jpg

営々と日常続けて五年余り。元気に今を生きる皆の衆。

b0305770_11102658.jpg
この後、花見客で賑わったと思われる日和山のさくらと青い空。


さ、このあとは3000戸以上海に飲まれ、800人あまりの人命が消えた女川町・・・。へ参ります。

無事残った女川原発に周辺の被災者が駆け上って暖を取った。・・・続々増えて400人近くにも。
そこが避難所として提供された暮らしたということです。発生当時の現場の決断のおかげと書いてありました。

速やかに手を打っていただけてよかったですね。



追記 とろちゃんれぽーと。
http://torotamama.exblog.jp/25677680/



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-15 11:38 | 福島への旅

石巻・日和山公園へ。

いよいよ勉強会当日。しゅっぱーーーつ!

写真は帰路午後の撮影のものですが。本日のドライバー、車提供のころちゃん。(愛犬のお名前らしい)
もう一人の男前登場です。るるる~ん。

b0305770_15584964.jpg

ほらね~。おいたでおちゃめなぱぱさんが覗いてますでしょう?  わはは!            

福島の山を見ながら・・・あ。手前はりんごの木かな??


b0305770_16014927.jpg

7時前に高速に乗りました~。
b0305770_15210656.jpg


とりさん蔵王ですよ===! の声に慌ててカメラ・・・  ん?トラックとか・・・木とか・・・あじゃー!
後ろからパパさんの声が飛ぶ。とりさ~ん。走り物から撮るときはモニター見てちゃだめ。
前後を見る。障害物避けて・・・タイミングはかってぱしゃっと押すの!  はーーーい!

ところでこれ・・蔵王だよね??

b0305770_15211834.jpg


石巻市到着。ころちゃんは息子さんがたまたまあの震災の年に大学に入学。
アパートどうなるのか?に始まり・・・。(建物残り無事入居)
震災後も何度も足を運びこの町のその後も見てきたお方ゆえ市内の変化解説していただきながら。
電車はご子息卒業後にようやく復活したそうな。

中洲に立つ不思議な建物、石ノ森萬画館を左手に見ながらこだかい山に。細くて急な坂道をぎゅいーっと上る。

九時過ぎに日和山到着。(スマホの写真データーで時間と場所がわかることに今回初めて気がつきました)標高60メートルほど。

皆様のレポートご参照。
をじさん。http://yusa007.exblog.jp/25652760/
わんちゃま。http://one20120522.blog.fc2.com/blog-entry-8620.html


折から花見時の土曜日です。駐車に困るからまず最初はここ!
11時ごろ女川原発へ見学。そしてランチ。。。。。で、もういちど石巻へもどり石ノ森萬画館を見学。
さらには、 あ~まつしまや松島や。勉強と見学の盛りだくさんコース。
いかに練りに練ったプランかということがよくわかります。ほんとにありがとね!

手近なところに車を置いたからおかげさまで楽チンでした。
石巻城址。旧北上川河口が左手。大きな松の木が何本も。・・地震・津波・津波火災・・・。街が壊滅。息を呑む。

b0305770_15224498.jpg


今、復興の槌音たかく・・・。 右手には斉藤茂吉の歌碑もあった。

北上してきたことがよくわかるさくらの咲き具合。そして芭蕉の像と歌碑。

b0305770_15214048.jpg


春の日和山公園続く・・。ゆっくりと奥の細道・・・・・。




[PR]
by tori-obasan | 2016-04-14 16:40 | 福島への旅

勉強会前夜祭

ゆ~ぱぱさん。登場。ツーリングのあと駆けつけてくださった。

b0305770_20252097.jpg


で。。。最後に登場。おしごとおっつかれ~~! 

『 そうだ!女川原発へ行こう!!! 』 の旗振り。。この場所設営のゆさをぢさん。ありがとね~!

お二人でおあつい抱擁!

b0305770_20254069.jpg


お土産に頂いたこのZ旗のもとに集合写真

三人衆の記念撮影はかくの如し。どうやらいつもの定番お約束??

b0305770_20235921.jpg


顔出しオッケーの皆様、勢ぞろい。
 いまさら説明不要ですが、左からわんちゃま、とろちゃん、ゆーぱぱさん、ゆさをぢさん。

b0305770_20244950.jpg


その後は、手前にわたし・をぢさん・ぱぱさん。と座る。

ビールは大瓶どかすか・・・。わんちゃまは一番控えめでしたね。 をぢさんは焼酎だけ。
げっぷが出るからビールは飲まないんだってさ。

物凄い賑わい。声のどでかいおばさんがかき回すからなおさらひどくなる。
以前、飲んだとき38本!!!! ぜ~んぶとろちゃんのせいにされたとか。せいぜい半分だろ。あはは。

この日は皆さん控えめと見た。
な===んたって明日が本番、勉強会だもの!

では。明日は6時半集合。ホテル前。ありがとね~。っとほどほどに解散!

にもかかわらずをぢさんはひとりで二次会へすたすたと。夜の巷へ一時まで・・・ご機嫌さんだったそうで・・・
翌朝、めでたく集合時間に遅刻なさいました。わはは!

翌朝の車内はお酒のにおい。。。うんてんできませんよね~。
そんなことも見越してとろちゃんは幼馴染の友を助っ人手配。車提供運転手さん。これが又いい人でさ~~!

ま、長くなりますので又明日。 ふうぅ~~。これでやっと初日レポートを終わります。  ひよこ。



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-13 16:23 | 福島への旅

阿武隈急行に乗り福島駅へ

とろちゃんの車でこのままホテルへ行くと前夜祭。飲むのに車はじゃまでしょう?  何とかしますよ。
そうはいかねえ。電車にしましょう! 乗ってみたい!阿武隈急行保原駅。

b0305770_15240552.jpg


すまないがワタシは駅で待ってるから車おうちに置いてきて! それ行け、ぴゅ==!

b0305770_15242132.jpg


とろちゃんは本数の少ない電車の時間を気にしながら超特急で保原駅へ戻ってきた。 汗びっしょり!

b0305770_11141796.jpg


あ、おつかれさ~ん! いそいそ乗ります、あぶきゅうに。

桃が咲いてます。桜ももちろん。芽吹きの色も美しい。ももいろ、 びゅ=====!
撮れないや・・・大丈夫ですよ。またちゃんと桃畑行きますから・・そうかそうか・ありがとね~。ほろり。

b0305770_20111372.jpg



伊達発祥の高子岡。こんもり。
金が取れたらしいが、伊達氏がこの地を離れるときに渡してはなるものか!と埋めて沼にしちゃったとか。わはは。
しゃしんはどれだっけ。撮れなかったのかな?? びゅ======!

b0305770_15243270.jpg


はい。ホテルへ到着。 わんちゃま、おまたせ~~~! わ~お~~。おひさしぶりぶり!


をじさんが手配してくれたお店に入る。ホテルの一階。わ。らくちん! 
のどかわいたねぇ。。。。おさきにやってましょうか。とりあえずかんぱーい!

きっとそのうちにぱぱさんもくるっしょ! (まことにご無礼。をじさんはまだお仕事中なのに・・・ごめんちゃい。

b0305770_15251377.jpg






[PR]
by tori-obasan | 2016-04-13 11:18 | 福島への旅

梁川希望の森公園

夕方になってきた。花の山、希望の森公園。かなり広そうです。15:50ごろ

b0305770_15465295.jpg


ツーリストさんは段取りに忙しいメール中。

b0305770_14430023.jpg



この頃 をぢさんは亘理町でお仕事中。あ。その町は通ったね~。
ぱぱさんは吾妻スカイライン開通日とてツーリング。るるる~ん。
http://woyow.exblog.jp/25651500/

わんちゃまは新幹線でそろそろ福島に入る頃です。

b0305770_14431620.jpg



とろちゃんが事前調査し、しっかり水芭蕉の開花を確認してくれてた。 
 歩けますか? よぼよぼばあさん。困ったもんだ。
朝から空港とか乗り継ぎとかで。たったそれだけで! わたし・・かなり足に来ているふう。 がんばる!


b0305770_14432926.jpg

咲いてました! 黄色は立金花(リュウキンカ)かな?

b0305770_14434010.jpg



ザゼンソウまで!この湿地の最後の一花だったらしい。何年ぶりだろうか、おこんにちは~!

b0305770_14440386.jpg


ありがとね~。つれてきてくれて・・うるる・・・・。

補足写真、ガイド役のとろちゃんち。 シンプルあんどびゅーちふる。(一枚は除く・・・・
http://torotamama.exblog.jp/25649501/


[PR]
by tori-obasan | 2016-04-12 19:47 | 福島への旅

福島盆地へ向けて遡上

タイトルはとろちゃんに借りました いよいよ福島へ向けてドライブ開始。
まずは海岸線を走ってくれようとしたが通れない。迂回色々、その後もトンネルとか止められて。。。

未だあちこちこんな風なの??・・・どうやら去年の嵐の後遺症らしかった。。。いろいろたいへんだねぇ。
とにかく阿武隈川沿いを走る走る・・うわ~~うわ~~~=== つづく。

阿武隈ライン乗船場。

b0305770_11194532.jpg
停車して撮影。水は雨の後で茶色無念だが阿武隈川旅情・・・。
b0305770_11200050.jpg
猿跳岩、わざわざ又対岸へぐるっとまわり撮影タイム。至れり尽くせり。
国道狭くて危険です。撮影はこちらへどうぞで駐車場も作ったようですが、とろちゃんいわく『 誰もこねえよ・・・。
そんなことないよ~~。丁寧に見せてくれてアリガトね。

b0305770_11201503.jpg

猿がぴょんぴょん。さるっぱね?

b0305770_11203598.jpg


むかしむか~し、・・前九年の役、安倍貞任が源義家軍が攻めてこないようにこの川をせき止めた。
で、この岩がもぐって潜り岩。との伝説もあるそうな。 高さ39メートルの巨岩ゲートです。
宮城県と福島県の県境。。。いよいよとろちゃんエリアの伊達市に入ります

梁川亀岡八幡宮。伊達市の宣伝の旗立てて、駐車場とかをかなり整備してました。


b0305770_11204743.jpg

鳥居の横、左手の木はなあに?? 梨の大木!!! つぼみが膨らんでいた。

b0305770_11213077.jpg
b0305770_11214647.jpg


なんとシックな鐘楼。

b0305770_11220260.jpg


お屋根が面白いねぇ。

b0305770_11221514.jpg


若き日の伊達政宗が三春からのお姫様、正室愛姫を迎えた場所というのもありました。
とろちゃんに手を引いてもらいながら歩いて行って来ました。 のっぱらで古偲ぶ。。。

さて次は梁川希望の森公園へ。





[PR]
by tori-obasan | 2016-04-12 13:40 | 福島への旅

仙台空港へ

飛びました。イザ行かん!
何が見えるかお楽しみ~。ああそれなのにそれなのに、太宰府くっきり見えたのに、そこからはずっと雲の中ばかり。涙。

どうやら日本海側から攻めているらしい。無才さまのエリアかな?

どきどきしながらやっと雲が切れた。阿武隈川と思われます。とろちゃんちはどこかなあ~?

b0305770_09015504.jpg


海岸線が見えてきた!!!

b0305770_09020853.jpg

海岸線と阿武隈川河口だよね? 波打ち際がかなりでこぼこ。コバルトブルーの海色に頭の中で塗り絵してみる。
b0305770_09022036.jpg


海から攻めます。イザ上陸! ざざざ=============!

b0305770_09152075.jpg

いましたいました、Z旗くん! ワタシの空路と彼の陸路時間がほとんど変わらない。すまないねえ~。
ロビーで撮影はばかられ駐車場に向かう、はい。ぱしゃ!ほんとにほんとにありがとね~。

b0305770_09025671.jpg


あ。津波水位確認しなくては・・・ぜーぜー・・階段のぼってこれか・・と見下ろす。
わたしへのお土産用にと旗をたたむとろちゃん。

b0305770_09030905.jpg



乗り込んだおばさんは海軍スタイル。ふろむさせぼ。 怪しいカップルドライブの始まり始まり!

b0305770_09032425.jpg



どうしよう?こんな調子ではなかなかはかどらないなあ。ちと編集方針考えます。とにかくおはようございます。




[PR]
by tori-obasan | 2016-04-12 09:19 | 福島への旅