torisan日記

toriobasan.exblog.jp

カテゴリ:【拝】( 11 )

亀山八幡宮初詣

b0305770_16361847.jpg




くつろぎの宿のままで年を越し、今日は節分。
そこはかとなく春の兆し・・・。

時々ブログ散歩はしていたつもりですが、ここは横着して勝手に冬眠。
ぐーすーぴー。。。

コメ欄も長くなりご迷惑なことでした。

で、はんせーしてページを変えることにします。

写真は今年の初詣、参拝客も多く参道ぎっしり。屋台もたくさん出ておりました

鈴もたくさん七つもずら~~~り!!!

古い写真を調べてみました
西海鎮護の額の前の鈴は二つだったようですね。


亀山八幡宮、
http://toriobasan.exblog.jp/25606586/



b0305770_16355931.jpg



よく晴れた穏やかな日差しの元日の午後でした。



あっという間に月日が流れております。お恥ずかしゅうございます。

亀山八幡その2
http://toriobasan.exblog.jp/25612491/




[PR]
by tori-obasan | 2017-02-03 17:03 | 【拝】

博多祇園山笠


8日急用で福岡へ出かけた。高速を降りたら山小屋が見える。
石堂大橋のたもと。おぉ!らっきー。
幸いまだ車も少ない。急いで車を寄せて、失礼します、写真いいでしょうか?

この右手前に当番の男衆二人がこの舁き山を見守っておられた。
すでに7月初めにこのこの舁き山に御神入れ神事が行われており大事な神様の山車である。

重さ一トンを超えるこの舁き山を担いでの夏祭り、博多祇園山笠。
地元の人はお櫛田さんと呼ぶ櫛田神社の大事な神事。まさに熱い夏が始まっていた。

この○番山笠というのは昨年のタイムレースの成績でナンバーが決まる。
というわけで今年は五番山笠恵比寿流れ。

流れは七つ。博多部の中でしか見られない舁き山・山小屋である


手前に見える六本の舁き棒は山笠台を組み立てる前に
6月の神事としてすでに浜宮で清められている。

重さ一トンを超える山笠台、台は山大工の伝統伎で縄で締め組み立てる。
その上にのせるその年の飾りは博多人形師の腕の見せ所。

台に舁き棒を取り付け飾りを組み立てる。
まさに職人技を結集した山笠である。

・・と書き連ねてきましたが博多っ子ではないわたし、
にわか勉強しながら書いております。 ^^

いろんなページがたくさんあってとても興味深い。ご参照。
http://www.hakata-yamakasa.net/


標題は 神光普照三千界(じんこうあまねくてらすさんぜんかい)

博多祇園山笠の起源の説の一つは
鎌倉時代1241年、博多で疫病蔓延した折に町民が担いだ施餓鬼台に乗り
円爾(聖一国師)が祈禱水をふりまきながら
町を清めてまわり、疫病退散を祈願したというもの。

まさしくその姿が再現されております。

b0305770_10032597.jpg
見送り

b0305770_10030764.jpg


昨日はお汐井とりも無事終わり、舁き山も動き出します。
博多の町中も交通規制がますます厳しくなります。

所用のついでに山笠の雰囲気を味わえてまことに幸運でした。
こちらは福岡部の飾り山。ホテルニューオータニ横。

b0305770_10024902.jpg


見送りはアンパンマンでした。

今日は投票日、投票は済ませました。






[PR]
by tori-obasan | 2016-07-10 11:40 | 【拝】

佐世保海軍墓地


さくら咲く 佐世保海軍墓地 東公園 へ
b0305770_08283036.jpg
広大な敷地に各艦船ごとの慰霊碑もぎっしり。
b0305770_08292895.jpg
山を背景に 左に東郷平八郎銅像 中央に『海の防人の碑』 右手は慰霊殿

b0305770_08281208.jpg
b0305770_08294900.jpg
新しい花束が手向けられ 香がくゆっておりました。

東郷平八郎銅像
b0305770_08284559.jpg
b0305770_08290179.jpg
佐世保の港を今もしっかりと見守っておられます。
b0305770_08272740.jpg


[PR]
by tori-obasan | 2016-04-05 08:40 | 【拝】

亀山八幡宮(2)忠魂碑

境内に大きな石碑がありました。忠魂碑。大正11年建立。日清日露以降の佐世保出身戦没者の慰霊碑です。
揮毫は東郷平八郎元帥。佐世保の軍港に深い縁のかの偉大な元帥。

b0305770_17541032.jpg

金文字は新しく見えましたが、その経過が下に記されておりました。

b0305770_17542231.jpg

戦火に焼かれた本殿。占領軍もやってきた!。。。。さまざまな歴史を乗り越えて今もこうして。
当時の宮司さんのご苦労と知恵、また復元の熱意と崇敬の念にとても感激いたしました。

御鎮座千三百年祭の記念碑。神社の長い歴史をあらためて感じます。
b0305770_17543768.jpg
境内地には桜の若木が。

b0305770_17545203.jpg
b0305770_17550975.jpg

とても静かな境内でしたが、秋の例大祭、御神幸祭、いわゆる『佐世保くんち』でお下り、お上り。
お旅所は商店街にしつらえられて賑わうようで、とても楽しみです。^^



[PR]
by tori-obasan | 2016-04-02 18:11 | 【拝】

亀山八幡宮

佐世保にお詳しいたまさん(youzooさん)に教えていただいた亀山八幡宮へ。
天武天皇白鳳4年、ご神託により宇佐八幡より分霊されたという旧官幣大社。社殿は戦火に焼かれたが、1964年再建された。

佐世保市役所前、国道を挟んで鎮座。これは歩道橋から撮影しました。真新しいコンクリートの鳥居や灯篭。入り口は狭い。
b0305770_12572023.jpg
b0305770_12573761.jpg

桜が迎えてくれました。

b0305770_12580083.jpg

階段上の鳥居は大正6年と刻印。狛犬さんも苔むしてる。これらは残っていたのですね。

b0305770_12581697.jpg
拝殿へと進む。

b0305770_12591014.jpg

由緒書き。
b0305770_12592571.jpg

西海鎮護の額。 先日、遅ればせながら参拝してまいりました。
b0305770_12594184.jpg


[PR]
by tori-obasan | 2016-04-01 13:07 | 【拝】

亀岡神社


車をとめて階段を数段上ると、あら?お城の入り口に狛犬さん?

b0305770_12021617.jpg

城内は亀岡公園として整備されています。天守閣は撮影しそびれましたが、これは乾門。

b0305770_12032190.jpg

これはなに桜かはわからないけど桜が数輪ひらいてました。こんち!
               公園の桜の木も1000本とか。花見の賑わい、たのしみですね~。

b0305770_12052177.jpg

てくてく歩く。。。二の丸跡に神社がありました。 亀岡神社。


b0305770_12064875.jpg


そもそも松浦氏の祖霊4柱を平戸城内の霊椿山に祀ったのに創まり(霊椿山神社)、
明治の頃にさらに色々神様合祀し現在地にご鎮座の由。平戸の産土神とされた・・・。

佐世保新人として遅ればせながらご挨拶。 参拝。

            ☆予約投稿テスト。さてうまくいきますかどうか。。。。。





[PR]
by tori-obasan | 2016-03-27 09:00 | 【拝】

 宇佐神宮

お正月も終わり連休前の平日。人もまばらでございました。風花舞う・・・日差しはあれど寒かった。

立派な門松。参道です。今回この並木がイチイガシとようやく知りました。

b0305770_11525840.jpg



鳥居の向こうの朱塗りの橋が神橋。

b0305770_1153573.jpg



大鳥居をくぐり、広い参道をてくてくあるいて、お手手あらって、階段昇って・・・・西大門。ようやく上宮です。

b0305770_11541891.jpg



南中楼門(勅使門)
             御本殿は修復中のようでございました。 見えますか? 工事中の幕が。。。

b0305770_11543840.jpg


下宮も参拝して神橋まで帰って参りました。 あ。そうそう・・・。 屋根のある橋、呉橋です。 ずーむで、ぱしゃ。 川は寄藻川というらしい。


b0305770_1156968.jpg



ご参照。 宇佐神宮 ホームページ。
                
             http://www.usajinguu.com/



ついでにイザのページもね。 以前はもう少し丁寧に写真撮影しておしゃべりしておりました。
 
あれは7年前。 桜の頃だったようでございます。 ^^

                  http://torisan.iza.ne.jp/blog/entry/149742/
[PR]
by tori-obasan | 2014-01-28 15:48 | 【拝】

宇美八幡宮

           久々に参拝して参りました宇美八幡宮でございます。

b0305770_11184397.jpg



           駐車場、実に立派なのが出来ていて茶店も新設。 歳月を感じました。


           堂々たる樟の大木。 天然記念物・湯蓋の森。 一本でもお名前は森です。
           応神天皇が産湯をつかった跡に植わった木とか・・・・。もう一本大樹 衣掛けの森があります。

b0305770_11201751.jpg



           詳細は宇美八幡宮のホームページへ。

               http://www3.ocn.ne.jp/~umi8man/u_frame_1.htm


    
[PR]
by tori-obasan | 2014-01-21 11:22 | 【拝】

平成26年の炎舞

     さて 7日の鬼すべ神事。10日以上もたってしまい いささか記憶があいまいに。あは。

        氏子衆 各チームに分かれそれぞれの場所に集結。天満宮へとやって参ります。
         参道から聞こえてきた ほんじゃ・ほんじゃ・・・・  なんじゃ??
        
        失礼しました。オンじゃ・鬼じゃ・の掛け声でありました。
        
        松明バチバチ。 暴れ鬼。。。 危ないからさがっててね。 はーーーい!

        詳細はイザ写真でご覧いただいたことにして。
             http://torisan.iza.ne.jp/blog/entry/1429391/
             http://torisan.iza.ne.jp/blog/entry/1433598/

        各チームお祓いを受け 鬼すべ堂へと進みますので我らもぞろぞろ移動。
        テレビカメラスタンバイ。 すでに観客もかなりぎっしり。

        点火、少々遅れて9時を回ってた。 ボォ!うわ! 熱風が!・・・音もすごいね。

        炎が大きく上がりました。 火の球打ち上げ!どっかーーーん!

b0305770_14472057.jpg


        なんにみえます? 火の鳥か 昇龍か 。   

b0305770_1447595.jpg
b0305770_14482135.jpg




        板壁を打ち破る音もすごいのなんの。 どかーん!どっかーーーん!とそりゃ盛大に。
 

        鬼すべ堂内部では神職のお祓い。そして豆を打つそうで。神職に続いて氏子会長も、らしい。
        えび様に伺った通り 鬼うち豆の原点の神事なんですね~。1000年も続く!
               
                 内部写真。古いのを一枚引っ張ってきました。

b0305770_14432541.jpg

               


        それにしても携帯で撮影する手が林立! 動画を写す方も。
        鬼すべ堂の両サイドはなだらかな傾斜の土手でしたから見やすい会場ではありますね。

        お月さまは半分こ ちょい手前サイズ。 穏やかに見下ろしておられました。 
        この日は幸い暖かく じっと見つめていても全く底冷えを感じませんでした。

        氏子会長のご挨拶。文言はよくわかりませんでしたが 各チームそれぞれ順に
        お~~!っと呼応。   今年の鬼すべ無事終了でございます。
        
        板壁を焼いたこんがり焦げた木切れは護符として頂いて参りました。 佳き年でありますように。











[PR]
by tori-obasan | 2014-01-18 14:57 | 【拝】

太宰府天満宮


一月七日夜。いざゆかん。天満宮へ~。
今年は辛うじて松の内に参拝いたしました。
はい。やっと鷽替えと鬼すべ神事の生体験でございました。

飛梅 昨年の開花は22日だったそうでございます。
じ~っと見上げたらそろそろかな?というのがいくつかありました。


b0305770_17495870.jpg



b0305770_1751139.jpg


写真は娘の借り物で~~っす。

ご参照。鷽替え神事。四年前の映像でね。

http://torisan.iza.ne.jp/blog/entry/1419717/

替~えましょ。替~えましょ。と輪になって。。
私は結果、金鷽ゲットはかないませんでしたがあの裏の文字は今年の干支【馬】でした。
笑っちゃうほど太め・・・サラブレッドじゃなかったみたいです。

^^

[PR]
by tori-obasan | 2014-01-14 17:58 | 【拝】